スポンサードリンク

豊かに富裕に暮らしているイメージを持つ

豊かさについて、物質的な豊かさと精神的な豊かさは本来、相関関係にあります。豊かな自分を目指すとき、宝くじが当たるイメージをすることは悪いことではないです。しかしながら、実は宝くじに当たることは、前世で自分が誰かに施した徳分が、返ってきているものでしかありません。お金に変わって手元に来た瞬間にその徳分は消滅したことになります。お金や富は、社会に対して自分が提供できた「価値」への報酬と考えられます。価値というと難しく感じますが、自分が何らかの活動を通して、周囲や人を「幸せ」にできた分が、豊かさになって返ってくるという意味です。豊かさへの志とは、言い換えれば、自分が価値すなわち幸せを周囲へ提供するということへの志です。ふってわいたような富が授かるとしたら、そんな努力を実際にしている最中の人に授かるものです。豊かに富裕に暮らしているイメージを持つことは素晴らしいことですが、その富への道筋は、自分の何らかの周囲への善なる活動を通じて、達成されることを思考するほうが良いです。サービス業でもネットビジネスでも商品販売でも、すべて世に何らかの益する行為となるゆえに富となります。投資などを適正に行うことは悪いことではないので富を増やす努力の一環として行うとよいです。


その場合、自分が応援している善良な企業を選んだり、何らかの形で社会への貢献を意識されると良いですね。基本原則はマーフィ博士の次の言葉のとおりです。
『潜在意識の中にある無限の富について考えなさい。。調和、平和、喜び、愛、導き、成功について考えなさい。。人生について、より豊かに考えると、あなたは自分の中にある潜在意識を活性化させるのです。』
『富を心に描くことは富を生み出します。旅行を心に描くことは旅行する機会を生み出します。最善のものを心楽しく期待しながら生きなさい。
すると、引き寄せの法則によって、あなたは自分の潜在意識の中にある無尽蔵の富を引き寄せるのです。あらゆる面における繁栄、豊富、安全、増加を考え続なさい。』
J・マーフィ著、大島淳一訳 『眠りながら巨富を得る』(三笠書房)より
神頼みの極意

スポンサードリンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。