金運をつけてお金持ちになる方法


スポンサードリンク

神だのみで金運をつける

金運を授ける神様や神社について理解を深めることは有益です。
それぞれの神様の特徴と、どのように拝めば御利益がしっかりと授かるのか。
その神だのみの極意を知れば、日本において、正統なる正神界からの金運は、
稲荷神社ではなく、伊勢の天照大御神様から授かるものであると理解できます。


金運を向上させるためには、まずは伊勢の神様をお祀りし、あわせて地元の
地元の一の宮神社を産土としてお祀りするやり方が最善でしょう。
メイドインジャパンの金運の神こそが、稲荷と違って、祟りなどの弊害がなく、
安全で確かな財運を授けるものということです。


その神の内容についてはじかに読まれることをおすすめします。
それぞれの神霊に対するもっとも効果的な参拝の方法、お祀りの仕方を解説しています。
それだけではなく、ほんとうの神だのみとは人としての努力を最大限に実行したところに
神仏の加護が授かるものであると説いています。


もし、何も現実的な努力をせず、いたずらに神だのみばかりしても、神仏は動かず、
金運は降ってこないのです。


人として最大限の努力、あらんかぎりの努力をしたとき、そこに心底からの祈りがあれば、
神仏に届き、奇跡の大金運が授かるのだと繰り返し指摘しています。
金運をつけたい人にとっての本書は必読書であるといっていいでしょう。


神頼みの極意

スポンサードリンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。