スポンサードリンク

ラドン温泉やラジウム温泉が健康増進効果を発揮する

元総理の安倍晋三さんも健康のためにラドン吸入をしていることをご存知ですか?ラドンは岩盤放出される自然界の放射性物質でラドン温泉でも知られています。水蒸気に付着させて吸入させることで全身に免疫賦活、細胞活性化をもたらすのがラドン吸入です。ラドンのホルミシス効果により免疫力が高まり、呼吸器疾患、糖尿病、消化器疾患、膠原病などに改善効果があるもので、慢性関節リウマチやSLE、潰瘍性大腸炎、クローン病などの難病の症状が改善すると専門家である稲恭宏医学博士(東大医学部)も研究成果を学会報告されています。潰瘍性大腸炎が奇跡のごとく改善したのはホルミシス効果も大きな助けになっているのではないでしょうか。「放射線ホルミシス」とは、低線量放射線のもたらす健康増進作用のことです。

低線量放射線は健康増進効果を持つ

ホルミシス効果のことは、これまで賛否両論がありましたが、世界的な放射線の権威であるトーマス・ラッキー博士がその健康増進作用をあきらかにしてから広く人々に知られるようになりました。ラドン温泉の効能もラジウム温泉の効能もすべて低線量放射線のもつ健康増進作用にあったのです。ラジウム温泉が危険だと主張する人もいますが、それは放射線が微量であっても健康に有害であるという思い込みにより生まれた誤解です。天然ラジウムも人工的な低線量放射線も、低線量である限りは同じです。低線量放射線が人間の細胞に軽いストレスを与えることで生物を活性化させるのです。人間の中にはストレスを乗り越える遺伝子があります。適度のストレスのみがその遺伝子にスイッチを入れることができます。放射線がまったくない環境では細胞は死んでしまいます。微生物を完全に自然放射線を遮断した容器に入れるとすべて死滅することがわかっています。低線量放射線とは、細胞への軽いストレスであり、これが生物を活性化させることで、ラドン温泉やラジウム温泉が健康増進効果を発揮するのです。

ホルミシス健康法とラドン温泉放射線

放射線ホルミシス効果で自宅でアンチエイジングできると便利ですね。放射線とは、低線量である限り、細胞を若返らせるアンチエイジング作用があります。そのパワーを自宅でも有効に活用することもできます。トーマス・ラッキー博士や稲博士の研究をみればわかるとおり、低線量放射線は、放射線ホルミシス効果により、細胞賦活作用、免疫活性化作用、がん抑制作用があります。自宅にいながらその効果を手軽に得られる製品も市販されているので、ラドン温泉やラジウム温泉まで湯治にいけなくても大丈夫です。秋田県の玉川温泉までいけない人には救いとなります。低線量の放射線が健康増進作用を持つことは、ラドン温泉やラジウム温泉の脅威的な健康効果で実証されていることです。年間100ミリシーベルトを超えない限り、放射線は健康作用しかありません。このことがいまだ日本では十分に理解されていません。

スポンサードリンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。