スポンサードリンク

TTP参加は日本を貧乏に

安倍政権は、TPPについて、攻めるべきは攻めて、守るべきは守るといっていますが、
アメリカの場合は、一切の妥協ができません。なぜなら、アメリカの場合は、政府には決定権がなく、
アメリカ議会が承認しないと、ひとつひとつの項目を妥結できないのです。


そのため、アメリカには一切の譲歩ができないので、日本には全面的な妥協を求めてくるのです。
日本政府は、何一つ勝ち取ることができないのです。
TPPに関しては、日本はアメリカの言いなりになるほかに参加の道がありません。


そのため、日本はアメリカから何も勝ち取れるものはありません。
スナップバックという例外規定があり、関税を復活させることがアメリカにはできるのです。


TPPは、日本には関税自主権を手放させて、日本の富をアメリカが食い物にするということです。
交渉においてアメリカに完全に日本が負けているのが現状なのです。


日本は最終的には国会での批准がなければ、TPPは効力を発揮しません。
このままでは、日本のいろいろな産業をアメリカに食い荒らされる可能性が出てきています。
TPP参加を即刻、とりやめることが日本を救う道です。



スポンサードリンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。