金運をつけてお金持ちになる方法


スポンサードリンク

緊縮財政が国を亡ぼす

政府がお金を使うことにまゆをひそめるテレビコメンテーターの様子をテレビで見たことはありませんか?例えば、政府が戦闘機をアメリカから購入すると、日本には借金があるのに、こんな出費をしていいのかなどとコメントする様子はしばしば目にすると思います。外国からの買い物だけではなく、国内に道路を作ろうとすると、若者が車離れしているのに道路を作ってどうするなどとコメントする人もいます。ここに大きな間違いがあります。日本政府がお金を使わないと、日本の国は豊かにはなりません。今はデフレ経済なので、国中の市場にはお金が出回っていません。デフレの時は、皆が出費を控えるので、デフレはますます進み、消費が落ち込みます。


その結果、企業は工場を閉鎖したりして、生産力をどんどん縮小していくので、ますます、供給能力は下がります。その結果、何十年かすると日本は、高層ビルや道路を自分で作れない国になる危険性もあります。このデフレの状態の時は、政府が公共事業を起こしてお金を市場に供給しなければなりません。国債、建設国債などをどんどん発行して道路や鉄道を作って、物の移動をスムーズにするのです。日本中のいたるところに交通渋滞があり、これが生産性を下げています。それを解消するには道路交通網を整備して、スムーズに物が移動できる国にする必要があります。



財務省が日本を滅ぼす


そして、消費税を増税しようとする勢力が政権内や官僚にうごめき、日本の経済がどんどん低迷しています。実質賃金は、今、97年よりも低くなりました。財政均衡論を信奉するものたちが、消費税増税を推進しています。増税すれば、ますます経済は低迷してしまいます。その結果、税収はますます少なくなります。増税しても税収が少なくなって日本はますます行き詰ります。増税をすみやかにやめ、公共事業を20兆円規模で行って、インフラを整備し、八時間かけて運んだ荷物を二時間で運べるようにすれば、生産性が向上して経済はよみがえります。財政均衡論は誤りなのです。リニア新幹線や高速道路網の充実をしていくことが急がれます。


建設国債で道路をつくり、公共投資することで国民経済がGDP増加して、賃金が増えて、豊かになるのです。財政均衡論を信奉して思考停止する官僚や政治家をことごとく日本国民の行動によって封じ込める必要があります。新自由主義的な全体主義が政府に蔓延しているのです。消費税増税をすみやかにやめさせて、日本を救うしかありません。全体主義を構成する悪人、私利私欲の人、愚かな人、小役人。これらを破砕することで日本を守るしかないのです。脱原発を進めているのは、太陽光で金儲けしたい人、石油資本からお金をもらっている人、原発が危険だと誤認した人、この三つのグループが全体主義となり、国民を動かしたのです。財政均衡論がこれ以上推し進められることで、日本経済は崩壊します。日本の政官財の全体主義の者たちを封じ込めないといけないのです。日本に対してアメリカも内需拡大のための公共投資を要求しています。消費税増税は内需を縮小させ、日本を滅ぼす道です。


 



スポンサードリンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

プライマリーバランス関連ページ

アベノミクス
アベノミクスを理解すれば、お金儲けの秘訣もみえてくるのです。
消費増税はしてはならない
消費税の増税は即刻、撤回しなければ、日本経済の再生の速度は遅れていきます。
新自由主義の悪夢
新自由主義的な経済政策では日本は再生できません。グローバリズムの時代はもう終わったのです。
世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機
三橋貴明氏による日本再生の戦略を学び、われわれのビジネスや金儲けにも活用していきましょう。
移民を入れると日本経済は沈没する
外国人労働者という名の移民を日本にこれ以上入れたら、わが国は治安が崩壊し地獄絵図となります。
三橋貴明
日本という国を守り国民を幸せにする経済を私たちに教えてくれる専門家です。
TPP
TPPのもたらす危険性。日本の国の富が外国に食い荒らされてしまいます。
生活保護
生活保護を日本国籍をもたぬ人にまで与えていれば国家財政は破綻します。
藤井聡
藤井聡さんは、日本の中でもマクロ経済専門家としてもっともよく知られた研究者です。
消費税と景気
消費税を上げると景気は低迷します。すると国民の給与所得が減るので、税収も減ってしまうのです。
デフレ解消と消費税
消費税増税を阻止することで国民を豊かにすることができます。
アベノミクス第二の矢
公共投資を増やして事業を起こせば、景気は回復することがわかっています。
公共事業で給与所得が増える
公共事業を増やすとすべての国民の給与所得は増えていく流れになります。しかし、そのためにはある条件が必要です。
経済と政治とマスコミ
金運を高める経済学。
日本の土地が買われ移民がなだれ込む
日本に大きな悪影響を与え続ける隣国への対処法
日本の国を豊かにするには移民はやめる
ドイツやフランスなど移民を入れた国では平均賃金が低下して貧しくなっていっています。
金融緩和だけでは解決しない理由
政府が金融緩和をしてもデフレは解消されません。デフレは貨幣減少ではなく、需要の減少こそがデフレだからです。
外国人労働者が増えると日本経済は沈没
日本国民が豊かになるにはこれ以上外国人労働者が増えないような政策が必要です。
移民大国日本の末路
いまや世界第五位の移民大国となった日本には今後、国内の安全性の消滅や自由の消滅がおこってきます。
加計問題はどこが問題?
加計問題としてマスコミが騒いだ一件は日本の経済の発展の上でどんな意味があったのでしょうか。
日本経済を支える日本文化
日本経済が強い理由は強固な日本文化が土台にあります。
国防問題と日本経済
経済が落ち込むことは国防力の低下を招き、日本にとって非常に危険なことです。
沖縄が豊かになれない理由から学ぶ
沖縄県の抱える問題を理解することは豊かさと繁栄の秘密を知ることにつながります。
人口減少は日本を豊かにする
人手不足でもそのままにしておくほうがよいのです。なぜならば。