スポンサードリンク

人手不足は給与が上がり国民は豊かになるのです

経済諮問会議メンバーが移民を受け入れる計画を進めています。もちろんその中身はほぼすべてC国人ということです。人手不足を理由に挙げているようですが、そもそも、人手不足は、日本にとって良いことなのです。そのために給与が上がり、国民が豊かになるのです。それなのに、安価な労働力をどんどん入れたら、いつまでたっても日本人の給与は上がりません。ワーキングプアは今よりも増えることになりますので、結婚できない人が増えます。給与が安いから子供を生み育てることができないのです。移民を入れると日本の少子化は今以上どんどん進んでいくのです。移民を入れると日本民族は少子化で滅びます。移民を入れないなら給与があがるので結婚できる人が増えるのです。少子化対策でもっとも重要なことは、移民を入れないことです。いまでC国人は70万人いてその三分の一は永住権をもっています。暴動を起こし参政権要求のデモをしたら日本はどうなるでしょうか。長野のオリンピックでは4000人のC国人がC国政府の命令で動員されて、長野の町で暴れまわりました。チベットを支援した日本人の多くが怪我させられています。


移民戦争

世界で労働移民が大問題となっている

70万人のC国人でも日本をこれだけかきまわせるのです。2000万人となれば、参政権をとるのは時間の問題です。そして、参政権を得たら、彼らのすることは、クリミアで起こったことと同じことです。自治を要求し、独立を要求し、北海道や沖縄や佐渡島が日本から独立して、その後、C国に組み入れられます。クリミアはそうやってウクライナから奪われ、ロシアのものになりました。60万のニートや200万の生活保護をもう一度就労できるように支援するのが本筋であり、移民を入れる必要はありません。移民や経済特区をおしすすめる政府の中にいる一派を一掃しなければ日本を救うことはできません。すでに経済特区を使った移民の抜け道が動き出しています。国民が一致団結してこの邪悪な政治を阻止して日本を守る必要があります。外国人労働者大量受入と移民問題について国民はまだ多くを知りません。外国人労働者を大量に受け入れるという政策の危険性を知らせる必要があります。

労働移民は自国民貧困化をもたらす

ドイツでもスウェーデンでも、外国人を大量に受け入れて、その結果、国内が外国人にいわば内部侵略された形になり、治安の悪化、道徳の荒廃など大きな国の破綻をもたらしています。外国人を受け入れる運動を推進しているのは、経済財政諮問会議に入り込んでいる人材派遣会社への利益誘導をねらっている連中です。少子化で労働者が足りないから外国人を入れるのは誤った考え方です。外国人労働者が、日本人の仕事を奪えば、ますます日本人の給与が低下し、結婚できない日本人が増えるので少子化は加速します。少子化対策を看板にしていますが、少子化促進政策をしているのです。これは日本を滅ぼすという明確な意図があると考えて間違いありません。外国人労働者を入れれば人材派遣会社は儲かるかもしれませんが、日本全体としては、賃金が上がらなくなり、低賃金の外国人に日本人の仕事が奪われてしまいます。その結果、日本人はますます貧乏になり、日本の富は外国に奪われます。そして、外国人の労働者は期限がきても帰国せずに居座るので、そこに外国人街ができて、日本人が逃げ出し、日本国内に外国人街があちこちできて、政治暴動などが多発するとんでもない日本ができてしまうのです。

スポンサードリンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。