スポンサードリンク

日本は決して財政破綻しない

経済評論家、三橋貴明さんを知っていますか?
三橋さんの主張は、「日本は決して財政破綻しない」ということです。
私達は財政赤字や赤字国債の報道を耳にすると、


日本経済は破綻するのだろうか、
このままでは日本は大変なことになるのではないか。と、考えがちです。


しかし、家庭が消費者金融から借金して破綻する話と、
日本国家の経済とを同じに考えてはいけないそうです。
日本の財政赤字は、裕福な一家が家族同士でお金を
行ったり来たりさせているだけにすぎないのです。


政府の借金が日本円建てである以上、どれだけ借金が
膨らんでも、デフォルト(債務不履行)することはありえないのです。


そもそも政府の借金は返済すべき性質のものではありません。
それは延々と繰り延べすれば済むのです。
自国通貨建てなので、中央銀行が国債を買い入れれば、借金は消えます。


政府が借金し、景気対策のために支出することで、
景気が回復して経済成長が促されるのです。


テレビの扇情的な報道にまどわされることなく、
三橋さんの主張に耳を傾ければ、
日本の未来は本当は明るいものだとわかります。


日本では暗いイメージをあおりたてて国民に植え付けて
間違った方向に動かそうとしているのはマスコミです。


スポンサードリンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。